頻繁に起こる脚のむくみ。あの筋肉のトレーニングで改善される!

BLOG

夕方になると下半身がむくんでパンパン。。。靴がきつい。。

そんな悩みはありませんか?

そんな悩みを改善する方法と、原因を解説していきます!

 

脚のむくみの原因

脚のむくみには様々な原因が考えられます。

1.病気

⇨普段むくみを感じた事の無い人が急にむくみを感じる、片足だけのむくみ、むくみ以外の不調を併発しているなどの場合、病的な原因の可能性が高いためすぐに医療機関を受診しましょう。

2.筋力の低下

⇨ふくらはぎの筋肉は、重力に逆らって血液を心臓に戻すポンプの役割をしています。そのため、加齢や運動不足などによってふくらはぎの筋力が低下し、筋力不足の方は血液がうまく戻らなくなり。下半身に水分が停滞するためむくみやすくなります。特に、筋力の少ない女性の方がなりやすいです。

3.疲れが溜まっている、睡眠不足

⇨疲れや睡眠不足などが原因で心臓の働きが低下し、血流が悪くなるためむくみやすくなります。

4.長時間同じ姿勢でいる

⇨長時間同じ姿勢でいることも血流が悪くなるため、むくみの原因になります。

5.塩分、水分の摂りすぎ

⇨塩分を摂りすぎると体内の塩分濃度を一定に保つために、身体に水分をため込みやすくなります。排泄以上に水分を摂りすぎている場合も、体内の水分量が多くなるためむくみに繋がります。

 

脚のむくみの改善方法

1.カリウムを含む食べ物を摂取する

⇨カリウムには余分な塩分を輩出する働きがあるため、むくみの解消を手助けしてくれます。カリウムは、ほうれん草、枝豆などの野菜イモ類、バナナやキウイなどの果物豆類に豊富に含まれています。

2.適度な運動習慣

⇨散歩、ジョギング、出来るだけ階段を使う、など日頃から下半身の筋肉を使うことを心がけましょう。血流が良くなることでむくみが改善します。

3.ふくらはぎのトレーニング

⇨第二の心臓と呼ばれるふくらはぎを鍛えることで、ふくらはぎのポンプ機能が向上し下半身の血流が良くなります。筋力の向上は頻繁に起こるむくみの大きな改善が期待できます。

 

ふくらはぎのおすすめトレーニング

スタンディングカーフレイズ

  1. 両足を肩幅に開いて立つ
  2. かかとを出来るだけ高く上げる
  3. 限界まで上げたら、1秒間静止する
  4. かかとをゆっくり下ろす
  5. 2~4を30~50回繰り返す

これを3セット行いましょう。

壁に手をついてもOKです。

※背筋を伸ばし、両足に均等に負荷がかかるように注意してください。

アンクルホップ

  1. 足を少し広げて立つ
  2. かかとを浮かせたまま連続でジャンプをする
  3. 10~30回繰り返す

※出来るだけ膝を曲げずに、ふくらはぎだけを使って飛ぶことを意識しましょう。

 

まとめ

頻繁に起こるむくみに悩んでいた方も、少しの気遣いや、すき間時間のトレーニングで大きく改善される可能性があります。

しかし、ケアをしても改善しない場合や、明らかな異常を感じる場合はすぐに医療機関を受診し、適切な治療を受けることが必要です。

気になるむくみをすっきり解消して、気持ちの良い毎日を過ごしましょう!

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました